顔のテカリに悩み続けた男子が絶対に効く対処法を教えます!!!

顔のテカリに悩んでいる人へ

中学生の時から、テカリに悩み続けた僕が普段しているテカリ対策を教えます!

まず肌のタイプには、大きく分けて「乾燥肌」「脂性肌」「敏感肌」「混合肌」の4パターンがあります。

僕の肌質は、「混合肌」+「敏感肌」です。

「混合肌」の人は、乾燥しやすいがため脂が分泌してしまいます。
なので朝洗顔して、化粧水や乳液などで保湿しても、昼頃には乾燥してしまい、夕方ごろにはテカテカになってしまいます。

これが、中学生〜高校生の思春期の頃はすごく嫌でした。
なので、いつも「あぶらとり紙」を持ち歩いていましたが、今思うと逆効果でした。
脂は乾燥を防ぐために分泌されているので、あぶらとり紙で取るほど脂が分泌されてしまいます。

なんで、自分だけこんなに肌が汚いのだろうとずっと悩んでいましたが、良い対処法を編み出したので紹介します。

 

学校や外出先で顔のテカリを防ぐ方法!

夜寝る前と、朝洗顔をした後に化粧水や乳液を付けるのは当たり前ですが、それでは外出先で乾燥してテカって来てしまいます。

なので、自分が乾燥やテカリを感じ始めたら、僕はいつも個室のトイレに入って次のことをします。

僕がいつも持ち歩いている物

  • 化粧水
  • 乳液(人によっては無くても良い)
  • コットン
  • BBクリーム

 

これらのアイテムです。もちろん化粧水や乳液をそのまま持ち歩くわけにはいかないので、こんな感じに小分けにしています。

百均で買った20mlのスリムボトルに、化粧水と乳液を入れています。
春夏は化粧水のみ、秋冬は乳液も使っています。
人によっては、保湿しすぎると逆に脂が浮いてしまう場合もあるので、自分の肌質に合わせて下さい。

 

こちらは、左が化粧下地、右がBBクリームです。
これらはテカリを抑える為のもので、どちらか1つで良いです。
左のセザンヌの化粧下地は顔が白くなり過ぎるので、メンズにはお勧めしません。
右のBBクリームは、肌色のクリームで上手く馴染んでくれるのいつも愛用しています。

※化粧下地とは、テカリ防止のためファンデーションの下に使うもので、BBクリームは化粧の上から毛穴隠しの為に使います。今回はテカリが押さえられればどちらでも良いです。

 

普段化粧水を手でつける人でも、コットンは必須です。
出先の個室トイレで化粧水を付ける為、手は汚れてるし、肌もベタベタになっています。
そのため、コットンで化粧水を馴染ませつつ肌を拭く為にも使います。
ティッシュやトイレットペーパーでは化粧水が肌に浸透しないので、絶対に代用できません。
僕のように、百均のチャック付きポリ袋に入れて、持ち歩いて下さい。

僕の普段の行なっている方法としては、

  1. まず、ティッシュ or トイレットペーパーで脂を軽く抑える
  2. コットンに化粧水を馴染ませ、顔全体にトントンする。(ここで、ドバドバやり過ぎないのがポイントです。足りなくなったら足せば良いです)
  3. 乳液が必要だったら、薄く馴染ませます
  4. BBクリームをかなり薄く、Tゾーンから伸ばしていき、指に余った分でUゾーンに付けていきます。(BBクリームを塗り過ぎると、顔色が変わるので、本当に最小限で良いです)
  5. 最後に、スマホのインカメで色ムラがないか確認してから、トイレを出ます。(この時用を足していなくても、流して下さい笑)

 

という感じになります。頻度としては、僕の場合2時間間隔でやっています。忙しい時でも、お昼休みと夕方の2回は行います。
あと毎回トイレの個室に入ることになるので、トイレが空いている時間帯を狙います。

肌が綺麗になると自分に自信を持てるようになるのでテカリが気になっている人は是非実践して見て下さい!

 

使用グッズ紹介

化粧水や乳液は「なめらか本舗  豆乳イソフラボン」シリーズを使っています。
化粧水の方は使用頻度が高いのでコスパが良い「ハトムギ化粧水」もオススメです!

テカリ防止の化粧下地&BBクリームについては、「セザンヌ 皮脂テカリ防止下地」と「サナ 毛穴パテ職人」が@コスメなどの美容サイトで女性からも好評です!

こちらは、100均で買える必須の便利アイテムです。
無印良品などでも揃えることができます。

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日常の中で感じたこと、思ったことをそのまま記事にしています。このサイトの始まりは「旅と映画」テーマでしたが、最近は雑記ブログと化しています。