大人になってから始める歯列矯正の辛さを具体的に書いていくよ!!!

 

二十歳過ぎてから歯列矯正を始めて、最近ようやく装置が取れました!

始めたのが2016年10月なので、約2年と言ったところです。

思い返せば辛い道のりでしたが、やっとここまで来ました。

矯正を始めた頃は、装置を外せる日のことばかり考えていました(笑)

装置は外れましたが、治療はまだ終わっておらず、今はリテーナー(保定装置)を付けています。

歯並びは綺麗になり、矯正をして本当に良かったです。

矯正治療にあたって、辛かったことや矯正後の変化などをまとめてみました。

 

治療前

矯正を始める前に、まずレントゲン検査があります。

この検査結果に基づいて、治療方針が決まります。

自分の場合は、治療期間は一年半から二年と言われました。

また、矯正治療をするにあたって、親知らずを抜歯する必要があります。

親知らずが生えてくると、歯並びが崩れてきてしまい、治療に悪影響を与えるからです。

ごく稀に、親知らずが生えてこない人や、親知らずが綺麗に生えてきた人は、抜歯の必要がありませんが、ほぼ全ての人が抜歯します。

自分の場合は、前歯二本がズレていたので、それを引っ込めるスペースを作るために、四番の歯を上下左右全て抜歯しました。

なので、矯正治療を始める前に、全部で八本の歯を抜きました(笑)

矯正をすると決心してから、装置を付けるまでに二ヶ月ぐらい掛かり、一秒でも早く治療したいと思っていた自分としては歯痒かったです。

この時期は二週間に一度のペースで歯医者に通う必要があり、仕事が忙しくスケジュールに空きが無いと長引いたりします。

特に親知らずに関しては、傷口が塞がるまでに時間が掛かるので、矯正歯科に行く前に抜歯してしまう事をオススメします。

 

 

初期〜三ヶ月目

装置を付け始めてから慣れるのに、三ヶ月ぐらい掛かります。

口の中は非常にデリケートなので、装置という異物に対して、炎症という形で反応を起こします。

とにかく違和感が凄くて、思うように食事が出来なかったり、夜眠れなかったりと、非常にストレスでした。

この時期は、食事が苦痛過ぎて、ゼリーばかり食べていました。

また、意外にも口内炎はあまり気になりませんでした。個人差があると思うのですが、自分の場合は矯正を始めてから口の中を傷付けることは増えましたが、大きな口内炎は出来なくなりました。

 

 

中期〜一年半

この時期になってくると、少し慣れてきます。

痛いのは一ヶ月に一度ある調整後の5日間なので、調整日が近づいて来ると少し憂鬱になってきます。

また、装置を付けて半年ぐらい経つと「ゴム掛け」が始まります。

この「ゴム掛け」は抜歯した歯の隙間を埋める為に、小さなゴムを引っ掛けて歯を動かしていきます。

もちろん物凄く痛いのですが、どんどん歯が動いていくのが分かります。

食事の時間以外はなるべくゴム掛けをしなければいけないので、付けたり外したり、日によって物凄く痛かったりと、これもまたストレスでした。


治療が進むにつれてゴムが小さくなっていきます。
紫のウルフはめちゃくちゃキツくて口が開けない程です。

 

 

後期〜二年弱

この時期になって来ると、ゴム掛けにも慣れ、ストレスに対して精神的に安定してきます。

歯が動くとワイヤーの端が飛び出て頬に刺さるので、月に一度は通院は欠かせませんが、これ以上新たなストレスはありません。

調整後に物凄い痛身を感じる事も無く食事に関しても、制限が少なくなってきます。

歯並びもだいぶ整ってきて、後は隙間が埋まるのを待つだけです。

不思議なことに、当初気になっていた前歯よりも、斜めに生えていた奥歯が綺麗になった事への感動が凄かったです。

歯磨きの際、いつも磨き残しがあって、炎症を起こしていた奥歯が全く炎症を起こさなくなりました。

他にも、噛み合わせが良くなったお陰で噛む力が強くなったり、肩凝りなども減りました。

矯正したことの一番のメリットを挙げるとしたら、上記の症状の改善だと思います。

 

 

保定期間

マウスピース型の保定装置を二年間、一日中付けるそうです。

まだ、始まったばかりですが、一日中マウスピースを付けているのは少しストレスを感じます。

ですが、痛みは一切なく、取り外しも出来るので矯正器具を付けているよりは断然楽です。

矯正後はあと戻りし易いので、リテーナーをサボらないように気を付けたいと思います。

時折、鏡で見る自分の歯がめちゃくちゃ綺麗に並んでいるのを見ると凄く感動します!

本当に矯正して良かった!

 

 

最後に

事前に予想していた事と気になった点がズレていることが多かったです。

一番辛かった事と言えばやっぱり「ゴム掛け」でした。死ぬほど痛かったし、見栄え悪いし、一年くらい掛かりました。

あとは、歯磨きが面倒なことを除けば、割と慣れます。

食事に関しても、痛いのは始めだけで、半年経った頃には好きなものが食べられるようになりました。

治療中の歯並びの様子を先生が写真に撮っていたので、データ貰えたらアップしたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日常の中で感じたこと、思ったことをそのまま記事にしています。このサイトの始まりは「旅と映画」テーマでしたが、最近は雑記ブログと化しています。