不眠にお悩みの方は、素直に睡眠薬を処方して貰おう

 

今回は睡眠薬について比較検証してみました。
不眠に悩む方はぜひ、参考にしてみて下さい。

 

① 睡眠薬の効果について

強い弱いではなく、作用時間(半減期)、最高濃度到達時間(ピーク時間)によって決まります。
強さについては、服用する量によって調節することになります。

 

② 作用時間について

超短時間型 約2~4時間
短時間型 約6~10時間
中時間型 約12~24時間
長時間型 約24時間以上

の4タイプがあります。ピーク時間が短いほど即効性があります。
学生や社会人の方は、6時間前後の睡眠時間だと思われるので、基本的に超短時間か短時間型の睡眠薬を使うことになります。

 

③ 睡眠薬の種類による作用機序

ベンゾジアゼピン系
非ベンゾジアゼピン系
メラトニン受容体作動薬
オレキシン受容体拮抗薬
バルビツール酸系

の5タイプがに分けられますが、かなり専門的な話になるので省きます。
主に処方されるのはベンゾジアゼピン系です。

 

④ 不眠のパターンについて

入眠障害 30分以上寝付けない
中途覚醒 途中で目が覚め、そこから寝付けない
早期覚醒 アラームより早く目が覚める
熟眠感欠如 しっかり睡眠をとった実感がない

の4つがあります。不眠の症状としては、入眠障害が一番多いと言われています。

 

⑤ 睡眠薬の入手について

心療内科で「夜眠れなくて困ってます」と言えば簡単にもらえます。
また、心療内科、精神科、メンタルクリニックはすべて同じものと考えて構いません。

※ 心療内科の先生に聞いた話では、普通の内科でも処方して貰えるそうです。

料金は、診察代と薬代で約2000円~3000円です。初診時は診察代が少し高くなります(約1500円)。
また、何回か通うと薬だけ貰えるようになり、診察代が安くなります。
睡眠薬は一度に、2種類、4週間分までしか貰えません。法律で決まってます。
初診時は様子見ということで1週間分処方されることが一般的です。
※ 転売や過剰摂取(OD)を防ぐため。

 

⑥ 睡眠薬の名称について

一般名(例 ゾルピデム酒石酸塩)
商品名(例 マイスリー)
ジェネリック (例 ゾルピデム サワイ)

基本的には商品名で呼ばれることが多いのですが、最近では安価なジェネリック薬品が処方されることが多く、名前が異なる同じ成分のものが処方されます。ジェネリック薬品は一般名+会社名で表されます。なので例の場合は沢井製薬が作ったゾルピデムということになります。

 

~ここから、検証結果です~

リーゼ/クロチアゼパム

f:id:komedadeluckystrike09de0918:20171005230023j:image

商品名 リーゼ
一般名 クロチアゼパム
分類 ベンゾジアゼピン系
半減期 約6時間(短時間型)
ピーク時間 約1時間後
入手難易度 ★☆☆☆

感想
初めて病院へ行ったらまずもらえる薬です。短時間型で効果は弱い部類になります。眠るまでに少し時間が掛かります。はっきりとした効果は感じにくく、日によっては効かないこともあります。薬の切れは良いほうで、朝はすんなりと起きられます。薬によっては夢を見やすいものもあるのですが、特にそういったこともなくしっかりと眠れました。検証したのが10月ということで、朝方寒さで目が覚めました。眠ったのは5時間弱でしたので薬はまだ切れておらず、効果が弱いことが分かりました。

※ なぜ夢を見るかについて書くかというと、夢を見ている時は脳が活動していて、翌朝に疲れを残すからです。また睡眠薬の中には、副作用で悪夢を見るものがあります。

ロゼレム/ラメルテオン

f:id:komedadeluckystrike09de0918:20171005234826j:image

商品名 ロゼレム
一般名 ラメルテオン
分類 メラトニン受容体作動薬
半減期 約1時間(超短時間型)
ピーク時間 約45分後
入手難易度 ★☆☆☆

感想
超短時間型で効果は弱めの薬です。補助的に使われる薬で他の安定剤などと併用して処方されます。効き目はいつもより睡眠の質が良かったかな?と感じる程度です。他の睡眠薬のような即効性はないです。翌朝はスッキリと目覚められます。特に依存性もなく安全な薬です。3時間程の仮眠を取る時間しかないけれど、しっかりと眠りたいときに使うと良いです。

マイスリー/ゾルピデム酒石酸塩

f:id:komedadeluckystrike09de0918:20171006000529j:image

商品名 マイスリー
一般名 ゾルピデム酒石酸塩
分類 非ベンゾジアゼピン系
半減期 約2時間(超短時間型)
ピーク時間 約45分
入手難易度 ★★☆☆

感想
超短時間型で効果は普通程度の薬です。この程度の薬辺りから睡眠薬の効果をハッキリと感じることができます。即効性があり、半減期も短く翌朝に持ち越さないので、とても使いやすいです。依存性も低く、よく処方されます。個人的にも一番オススメ。

ハルシオン/トリアゾラム

f:id:komedadeluckystrike09de0918:20171006001811j:image

商品名 ハルシオン
一般名 トリアゾラム
分類 ベンゾジアゼピン系
半減期 約3時間(短時間型)
ピーク時間 約1.2時間
入手難易度 ★★★☆

感想
短時間型のやや強めの薬です。服用して30分程ですぐに眠れます。半減期も短く翌朝寝坊するということはないですが、薬で眠らされた感が残ります。基本的にはマイスリーぐらいの強さがいいと思いますが、重度の不眠の方には良いかもしれません。依存性や耐性があるので常用はしない方がいいと思います(処方するのは医者ですが)。即効性があって、切れの良い薬は依存する傾向があります。おそらく初診では貰えないと思います。

サイレース、ロヒプノール/フルニトラゼパム

f:id:komedadeluckystrike09de0918:20171005231414j:image

商品名 サイレース、ロヒプノール
一般名 フルニトラゼパム
分類 ベンゾジアゼピン系
半減期 約7時間(短時間型)
ピーク時間 約1.5時間後
入手難易度 ★★★☆

感想
短時間型でリーゼよりはやや長く、強い薬です。ピーク時間はリーゼより遅いですが、こちらの方が早く眠れました。夢を見ることもなく熟睡できました。朝起きたとき、僅かに頭が重く薬が残っている感じがしましたが、起きられないほどではなかったです。ちなみに、この日は6時間ほど寝ました。また途中、寒さとトイレに一度目が覚めました。しっかり眠りたくて、7時間以上睡眠時間を確保できる日に使うのが良さそうです。

※ 現在、アメリカでは依存性や乱用の問題から使われていません。他に似たような効果の薬は多く存在するので、こちらから言わない限り処方されることはなさそうです。

 

⑦ 最後に服用の方法について

  • ピークの時間帯を逃さないこと
  • 絶対にアルコールと併用しないこと
  • 前提に昼夜逆転していない

睡眠薬を飲んだらすぐにベッドに入ります。すると少しずつ眠気がやって来るので、この時を逃さないようにしましょう。どんなに強い薬でもピークの時間帯を過ぎると効果が得られなくなります。睡眠薬はストンと落ちるような薬ではないので、自ら眠る意思が大切です。また、アルコールとの併用についてですが、薬の効き目が強まり危険なだけでなく、翌朝起きられなくなるのでやめた方が良いです。アルコール併用で早く眠ることはできません。前提として昼夜逆転している場合はどんな薬を使っても眠れません。あくまで、普通の生活を送った上で不眠であるひとが使うものです。また、快適に眠る環境づくりも大切で、僕の場合はアイマスクを着用して眠ります。

以上、睡眠薬を飲み比べてみたでした。不眠に悩む方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日常の中で感じたこと、思ったことをそのまま記事にしています。このサイトの始まりは「旅と映画」テーマでしたが、最近は雑記ブログと化しています。