【Scilab】ボード線図の重ね書き

Scilabでボード線図を重ね書きする方法!

Scilabを使ってステップ応答とボード線図のグラフを書こうとしていたのですが、次のソースコードで実行してみると、

 

ステップ応答のグラフは、最小位相系と非最小位相系で重ね書きされて、見やすかったのですが、

ボード線図の方は別々のグラフで描かれてしまい、最小位相系と非最小位相系の特性の違いが視覚的に比較できませんでした。なので、ソースコードを次のように変更してあげると、

 

ゲイン特性と位相特性が同じグラフにプロットされました!これで、最小位相系と非最小位相系の特性を視覚的に比較できます。なお、ゲイン特性については、最小位相系と非最小位相系で一致しているので重なっています。

制御工学って理論も数学も難しくて苦手だったのですが、この本で勉強してからだいぶ理解できるようになりました。値段は結構しますが、大学で無理矢理買わされた読んでも分からない教科書で無駄に時間を浪費するぐらいだったらいっそ買ってしまうことをオススメします!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日常の中で感じたこと、思ったことをそのまま記事にしています。このサイトの始まりは「旅と映画」テーマでしたが、最近は雑記ブログと化しています。